北アルプスの麓で暮らすFXトレーダー

FX歴1年半。100万円チャレンジ挑戦中!勝ちも負けもやらかしも全てのトレードを公開中。

草刈りに未来はあるのか

どーも!

タカマサです。

 

 

少し遡って、今月頭にみんなで草刈りしてた時の話し。

ぼくは草刈りを初めて1週間程度のひよっ子の頃。

 

大町にいる同世代の4人で草刈りをした。

 

メンバーは大町ローカルの人もいるけど、基本的には移住して7、8年以上経ってる人がほとんど。

初めて会った人は1人で、りんごの収穫の手伝いの時に一緒だったり、スケートパークで会ったことのある人だったり。

 

友達の輪は広がる。

 

 

基本的に、ぼくの周りにいる大町の友達は横ノリ好き。

スノーボーダーやスケーターが多い。もちろんサーファーも。

3S全てこなす人も少なくない。

だからすぐ仲良くなれる。

 

 

昼休憩での定食屋の会話では地元のスケートパークの話しからSLSにオリンピックの話しまでしたりで盛り上がる。

 

 

みんなでやった草刈りはスポットの仕事なので、その時に動ける人を集めて3、4日で終わらすイメージ。

 

 

4人1チームくらいでやる草刈りが効率良い感じがする。

まとまった圃場がある時は特に。

 

単純に1人でやる4倍の時間早く終わる。

(1人でやるとなると途中でめげない強靭なメンタルが必要になる)

4人でやれば相乗効果で単に4倍だけでなくそれ以上だとも思う。

 

 

近くの空き家で休憩してる時に草刈りの未来ってどうなってるんだろうねって話しになった。

 

草刈りの未来

 

田植えとか、除草剤撒くのとか色々と機械が進歩している中で草刈りだけはアナログだよね。と。

 

20年後もビーバーで刈ってる姿はさすがにイメージできないよね。

 

笑いながら言う。

 

 

道具の進化が先か、畔の改善が先かというテーマになる。

 

 

今の最先端の技術があれば、畔の草刈りを楽に効率良くできると思う。

国が草刈り技術の向上という名目で研究を推進すれば。

分かんないけど。

もしかしたら今必死に取り組んでくれてるのかもしれないし。(希望的観測)

 

畔の改善とは

 

じゃあ畔の改善とはどういうことか?

今現在ぼくらが刈っていて思うこと。

 

草刈りをする上で、厄介なのは大半が石。

 

ビーバーでも思いっきり振った時に運悪く石に当たり歯が速攻で欠けることもある。

自走式では石垣もどきの畔とか石が多いところは入れないし、そこそこ大きい石が分からないまま突っ込むと最悪故障の原因になったり、石が飛んで怪我する可能性もある。

 

ビーバー(刈払い機)とか自走はこの記事に。

tkms420.hatenablog.jp

 

また、草がボーボーと生い茂ってる中には障害物もある。

枝とかもそうだし。

人工物もしばしば。

 

 

あと斜面も問題。

 

斜面は斜度とデカさ(高さ)が問題。

 

斜度があり高い場所は自走が入れないから必然的にビーバーになる。

そういう箇所は大抵、雑草もつる系が多く茂り具合も半端ない。

 

地形が山になってる山間部はしょうがないのかもしれない。

そういう運命なのか。

 

写真だと斜度と高さが分かりづらいけれどビフォーアフターを。

 

f:id:tkms420:20190623120511j:plain

草刈り前のビフォー

 

f:id:tkms420:20190623120550j:plain

草刈り後のアフター

 

まぁまぁの斜面。

畔というか軽い丘って感じ。木もあるし。

ここはそこそこ刈りやすかった。

 

たまに足の踏み場がある斜面もある。稀だけど。

そういう箇所は斜面が長くても刈りやすい。

 

斜面も均一なら良いけれど、途中から変化することはざらにある。

斜度があり際どい時なんかはものすごい体勢で刈ることになる。

 

車で走ってても畔に目がいってしまい、青木村(長野の山村)を通った時だっけかな、ものすごい高さと斜面が綺麗に刈ってあったのを見て敬服。

 

斜度+畔の高さ+畔の長さ+草の質と長さ(長さやつる草などの多さ)=草刈りの難易度

 

こういう方程式が成り立つ。

 

畔の改善は、斜度、高さ、長さ、幅を綺麗に揃えてくれ、障害物を除去してくれるとストレスがなくなり、効率も大幅に良くなる

 

草刈りの今後は?

 

どうなるのでしょう?

 

ものすごい技術の進歩で現状の畔を改善しなくても快適に刈れる何かが生まれてくれるのかもしれない。

日本全国の畔の改善を一気にやるのは不可能に近いと思う。

輸入品に頼っている現状は、政府が力を入れてくれる見込みは低い。

 

しかし、農業に関わる人が減っている現状だとこのままアナログでの草刈りは物理的に終わらなくなる。

 

終わらなければ、必然的に田畑が減る=日本で取れる農作物が減るに繋がる。

 

最近、思う。

 

大量生産や利益を追いすぎて必要以上に田畑も増えたのではないかと。

 

だから減る=現状を維持しようではく、

根本を見直すことに繋がれがば良いのではないかと。

 

出来ることから始めよう!

 

f:id:tkms420:20190623124303j:plain

畔というか丘を刈ってるソルジャーたち

 

ということで、また次回! 

ピース

 


人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村