北アルプスの麓で暮らすFXトレーダー

FX歴1年半。100万円チャレンジ挑戦中!勝ちも負けもやらかしも全てのトレードを公開中。

雑草についての考察 1

どーも!

タカマサです。

 

今日は安曇野方面に用があり、

ついでに平安堂(本屋)に寄ったら出会いがあった。

 

雑草手帳。

 

即買い。

 

雑草手帳:散歩が楽しくなる

雑草手帳:散歩が楽しくなる

 

 

なぜに雑草なのか?

 

最近、雑草たちとすごく縁がある。

 

f:id:tkms420:20190616205051j:plain

田んぼの畔の雑草たち

 

なにせ毎日草刈りで畔にボーボーに生い茂ってる”雑草”を相手にしてるからね。笑

 

 

草刈り目線で見ると、

この草は刈りやすいだの、こいつはやっかいだの、つる草に体力を奪われたーとか。

 

草刈りをやってると草自体に意識が向けられるのは自然なこと。

 

雑草たちと戯れながら日々過ごしていると、

不思議なことに、雑草についての情報が集まってくる。

 

今日の本の出会いもそう。

 

また先日のツイート。

 

雑誌でも雑草特集。

 

雑草は在るべき場所に生えている。

食用にも薬草としても使える雑草。

また、旅行に行き、その土地に生えている植物を見ればこの地域ではこういう病気が多いんだろうなということも分かるという。

これ、すごく興味深い。

 

雑草の良い面を解説して、もう1度雑草を見直して見よう的な内容。

ざっくりとね。

 

ザッと目を通してからのツイート。

 

 

なんだかね、普段思いっきり刈り払ってる雑草たちに心が痛くなった。

 

雑草とは?

 

雑草手帳にはこう書いてある。

 

雑草の定義。

 

望まれない所に生える植物 

 

植物学的な分類ではないという。

 

望まれない所に生える植物ってことは、見方に寄ってはそれが雑草でなく薬草になったりもするから面白い。

 

というか、人間の解釈に寄って、その草が雑草になったり、雑草にならなかったりする。

 

例えば、ヨモギ

 

畑の雑草で畔にたくさん生えてるビーバー振って刈りまくってるヨモギさん。

 

野菜として草餅の材料になったり、止血のためやお灸としての薬草にもなる。

 

2つの顔、いや雑草、食用、薬草と3つの顔がある。

 

ぼくらが邪魔者扱い(望まれない所)をした時に初めて、雑草になる。

ただ畔の”雑草”を刈らなかったら、お米の収穫や野菜の収穫に影響が出る。

 

だから望まれない所に生えている草は刈らなければならない。

 

雑草は新石器時代からすでにあった

 

時代を遡り、新石器時代の遺跡から雑草の種子が発掘されたという。

 

世界的に新石器時代と呼ばれている頃は、日本では縄文時代にあたるらしい。

ので、縄文時代いわゆる農耕が始まったと言われる時代。

 

農業、耕作栽培を行うために土地改良をする。

人間的には土地改良は農作物を効率よく育てるために必要不可欠。

 

土地改良は植物にとっては、整えられて不安定な環境になる。

その人間が作る田んぼや畑の畔などに適応して雑草も進化してきたという。

 

つまり、人類の繁栄に雑草は関わっていたということ。

 

そもそも雑草をなくすという考えは必要ない

 

ここまで古い歴史があるのであれば、雑草と上手く付き合っていくしか方法はないと思った。

 

時には刈り、時には食し、時には薬草になりと。

 

昔の日本人もそうしてらしく、

畔や土手に生える雑草も田んぼや畑の肥料にしていたり、屋根の材料や、牛や馬の餌として利用もしてたと。

さらには、刈った草を将軍家に献上してたとも。

 

その名残で利権を奪い合う場所を今でも「草刈り場」と呼ばれてる。

昔の人々は競いあって草刈りをしていたらしい。

 

なんか想像すると笑えてくる。(いや、笑っちゃいけないけど。)

 

だって今では、しょうがなく嫌々やってる人の方が確実に多いからね。笑

 

そう。

 

だからね、畔の雑草たちを刈る時も愛をもって刈る。

 

別に殺してる訳ではない。

というか、雑草たちはそう簡単に死なない。

縄文時代から、繁殖繁栄するためのノウハウをすでに持っているからね。

 

人間が髪が伸びて切るのと同じように、畔の伸びきった雑草たちを整えてあげる。

バリカンで刈るようにビーバーで刈る。

 

伸びに伸びきった草たちは、1ターン目は高刈りである程度整えて、2ターン目で綺麗にしてあげるとかね。

 

雑草を無くすには草を刈らなければいいと言われてる。

 

矛盾してるようでしてない話し。

 

草刈りは雑草を除去するのと同時に、強い植物が繁栄しない環境を作ることになる。

 

雑草は基本的に弱い植物だ。

弱いからこそ、不安定な場所(人間が整えた場所)で生存する方法を模索し進化してきた植物。

 

草刈りをやめると、どうなるか?

 

雑草以外の強い植物が繁栄し雑草を圧倒しついには除去する。

 

しかしながら、雑草は無くなっても、雑草よりもやっかいな強い植物が生息していることになる。

 

むしろ、望まない所に生える植物を定義としするのであれば、その強い植物が雑草として扱われるのではないか。

 

 

雑草は奥が深い!

 

 

ということで、また次回!

ピース

 


人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村