北アルプスの麓で暮らすFXトレーダー

FX歴1年半。100万円チャレンジ挑戦中!勝ちも負けもやらかしも全てのトレードを公開中。

FXはギャンブルでしょは半分ホントで半分ウソ

どーも!

タカマサです。

 

 

はい、みなさん。

FXってワードを聞いてどんなイメージですか?

 

FXはギャンブルでしょ。

 

んー。

半分ホントで半分ウソ。

ようは、捉え方次第ってこと。

 

FXはギャンブルなのか

  

FXはギャンブルだ。

 

 とか、

 

借金を負うから危ない。

 

とか、少なからずネガティブなワードを聞いたり聞かされたりしたことがあるのでは?

少なくてもぼくはネガティブなイメージからのスタートだった。

 

特にね、ギャンブルって言う人のほぼ全員が本当のFXを知らなく、自分自身や身近な人がろくに勉強もせずにギャンブル的に勘に任せ取引を行った人でしょう。

 

結論。

 

 

FXは取引する人次第でギャンブルにもなり、投資にもなり投機にもなる。

 

 

FXはそもそも胴元がない

 

為替相場には胴元(運営元)が存在しない。

いわゆるギャンブルと呼ばれている、競馬、パチンコ、オートレース、カジノ等々は、運営元が儲かり、参加者は基本的に負ける仕組みになっている。

 

なのでカジノなんかは参加者にお酒を飲ませて、思考をバカにさせ賭け事をしてもらうようになってるらしい。

 

唯一、ポーカーだけは期待値が高い勝負を続けることが出来れば勝てると言われるが、運営元がそれを阻止しようとするって話しも聞いたことがある。

まー、行ったこともやったことも無いので真相は分かりませんが。

 

ただし、アルコールで思考がバカになるってことだけは要注意。

これトレードも大変に重要なこと。

トレードと脳の関係についてはまた別の機会に。

 

 

スプレッドの話しもしたけれど、胴元=FX業者に払う手数料にはならない。

 

tkms420.hatenablog.jp

  

tkms420.hatenablog.jp

 

これとは、全く別の考え方。

その業者さんが手数料を元に相場本体を運営している訳ではないからね。 

 

じゃあ何故にギャンブルと言われることがあるのか?

 

それは、レートがこれから上がるか、下がるかの2択しかないから。

半か丁か?!みたいな。

 

1回のみのトレードの勝率は、50%。

しかもクリックするだけの簡単操作。

 

これでたまたま初めの1回で、結構なロットを張り勝てたとする。

(無知だからこそできる技)

 

こんな簡単に儲けられるなんて!(もっともっと(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎)

夢と欲を抱くようになる。

 

次のトレードで勝ったら利益の半分くらいが無くなったとする。

 

なに?!ふざけんな!絶対とりかえしてやる!

恐怖と絶望の始まり。(まだ利益があるから心がざわつく程度)

 

取り返してやると目をギラつかせて3回目のトレード。

お察しの通りこういう時って上手くいかないことが多い。

 

ふ、ふざけんなよー!!(怒り)

または、

お、お金がーーー泣!(恐怖)

恐怖と絶望の増大。(こうなると脳のまともな思考は完全にジャックされる)

 

その後、5回以内のトレードで全額すっ飛ばす確率は90%。

やっぱり結局負けるじゃん。

これはギャンブル要素が強いと勝手に思い込んでしまう人、多数。

 

でもギャンブル的に始めると、大抵悲劇を見ることになる。

それが為替相場

 

しかも失う時は一瞬で。

  

ギャンブルでなく投資をする為には

 

レートが上に行くのか、下に行くのかを100%当てる事は絶対にできない。

 

じゃあ、安定して利益を出し続ける事ができる人がいるのは何故か?

 

答えは、

 

相場に優位性が存在するから。

 

優位性=この局面だと、上よりも下に行く確率の方が高いなー(逆もしかり)

 

ってこと。

 

もちろん、思惑と反対の方向にレートが伸び損失を被ることも余裕である。

それが100%ではないということ。

 

思惑と反対にレートが伸びたら、いさぎよく切る。(スパーンッ)

思惑通りの方向に伸びたら、利益を確定する。(スパーンッ)

 

これを淡々と出来てる人たちが勝てている。

 

さらっと書いたけど、言うはやすし行うは難しとはこのこと。

スーパーむずいんだこれが。

ポジションを持った途端に別人に変わると言っても過言ではない。

またこれはこれで記事にしよう。

 

話しがそれそうなので戻して、、

 

と、その前にリスクリワードの話し。

 

リスクリワードが1以上とか、期待値が高いとか言われるワード。

 

これは何か?

まず、リスクは損失。リワードは利益。

 

はい。

 

リスクリワード=1回のトレードでの利益と損失の比率

 

リスクリワード比率が1(リスク):2(リワード)の場合、

積極的にトレードしたら良いポイントになる。

 

もう少し噛み砕いて説明すると、

 

リスク=ここまで逆行したら撤退ポイント(15pips

リワード=順行したらここまで伸びるであろうポイント(30pips

 

15pipsの損失リスクを取ることで、30pipsの利益が見込めるポイント

 

この時に XMで1ロット張っていたら、

 

15,000円の損失リスクを取ることで、30,000円の利益が見込めるポイント

 

要は、

 

優位性があり期待値が高いところのみでトレーを続ける

 

もうこれが全て。

 

これを淡々と出来ている人はギャンブルでなく、投資家であり投機家である。

 

 

投資じゃなくて投機。

 

はい。

2回出てきました投機というワード。

 

 

とういうことで、また次回!

ピース

 


人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

  

 

アフィリエイトはじめました( ´∀`)

 

どういうことかと言うと、

 

下のXMのバナーをクリックしてそこから登録してもらい、リアルトレードをする度にぼくに小銭が入るというシステム。

 

 

なので、ぼくを応援してくれる心優しい方はどうぞよろしくお願いします!